FC2ブログ

スポンサーサイト

このエントリーのカテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコポイント申請して確認状が届くのが遅すぎる理由

このエントリーのカテゴリ : エコポイント申請

地デジ戦略に抗うこともできずに2010年10月にSHARPのAQUOS QUATRONを購入しました。

テレビでネットが見れるのはいいですね。
スマートフォンとか使うのに抵抗のある高齢層はテレビでネット通販を買う時代が来るんじゃないか、と想像してしまいます。
これからのWebUIはテレビの操作性も考慮した方がいいですね。
(Googleのストリートビューが見れないのは残念!)

さて、なぜ2010年中に換えたかと言うと当然エコポイントがお目当てだったので、
買ってすぐの2010年10月中にエコポイントの交換申請を送付しました。

ところが年が明けて2011年2月になっても届かないので、エコポイント申請状況確認ページに自宅の電話番号と購入店舗の電話番号を入力して確認してみました。
(余談ですが、エコポイント申請状況確認ページはSalesForceなんですね。
URLがhttps://eco-points.secure.force.com/になっています。)

検索してみると「申請内容にご確認が必要な内容がございましたので、ご案内通知を発送いたします。」と出ました。
でも確認の案内通知なんて受け取った覚えがなかったので、電話してみました。
2011年2月に電話してみると、男性が自宅電話番号と店舗電話番号を聞き、さらに本人確認のために氏名、住所、生年月日まで聞かれました。
すると、
 担当者「書類に不備があったので、確認の案内通知を送付したのですが届いていませんか?」
 私「届いていません。」
 担当者「年末にお送りしたので年明けに届いていませんでしたか?
え、まさか年賀状に紛れて見損なっていたかも、と思わせるような見事な回答でした。
でも手元にないのは確かなので、もう一度送ってもらうようにお願いしました。

ところが3週間経った2011年3月中旬になっても確認案内通知は届きません。
金融機関とか、普通どれだけ長くても1週間程度で届くのに3週間届かないので、もしかして住所が間違っているのか?と思って再び電話しました。
今度は女性の担当者で、自宅電話番号と店舗番号、本人確認のために氏名、住所、生年月日を聞かれて確認してもらうと、
 担当者「確認の案内通知を送付していますので届きしだい返送お願いします」
 私「3週間前に"送付する"と言ってまだ届かないんですが、大丈夫ですか?」
 担当者「丁度今週送付する手続きになっています。もうすぐ着くと思われますのでしばらくお待ちください」
 私「3週間前に"送付する"と言ってたのに3週間後の今週に発送するんですか?」
 担当者「前回お伝え漏れてたかもしれませんが、確認案内通知の再送手続きを受け付け、3週間後に送付することになっています
はあ、まあ住所は間違ってないし、届くならいいですが。
このペースだと返送して審査に2ヶ月、商品手続きに2ヶ月、商品依頼に2ヶ月で半年は掛りそうだなー。

いやいや待て待て。
あり得なくない?


普通の企業がこんな対応やってたらお終いだよ?

・審査に時間がかかるなら判るが、書類不備の確認状送付に2ヶ月も要るのか?
・そもそも最初に送った確認状って本当に送ったのか?
・"確認状の再送を依頼してから3週間後に発送する"と業務が決まっているのか?それでいいのか?
・というか、4週間後に連絡してても"4週間後に送ることになってました"って言うんじゃねーの?

普通、システム上で再送ボタンをポチっと押すと再送されんじゃねーの?
せっかく申請状況確認ページがあるんだから、審査中とか、確認状送付手続き中、確認状送付中とか、ユーザが判るようなステータス見せりゃサポートセンターの費用抑えられるんじゃない?

あまりにもユーザのことを考えていないシステムなだけに、やっぱ公共事業はダメだなー。。。
SalesForce構築ベンダの業務理解レベルが低いのか?

いや、待てよ。
業務・システムのレベルが低い割には、担当者の受け答えが完璧すぎる。
「年末年始は年賀状の配送もあり、郵便局もユーザも不注意が発生するから責任を押し付けやすい」
「手続きに時間がかかることにしてしまえば、言われるまで手続き中ということにしてしまえ」
天下の公共事業様と、それを請負う日本有数のベンダ様が構築するシステムがこんなにレベルが低い訳がない。

ということは、エコポイント交換は最初から受け付ける気は全くない、というかも。
 ①交換申請をしてそのまま忘れてしまう、あるいは面倒だからもういいや、というユーザが多いと予測
 ②確認の連絡が来ても書類不備=ユーザのせいにしてあきらめさせる
 ③それでも確認の連絡をしてくる場合は仕方がないの「丁度送るとこだった」として嫌々再送する

確かに、業務とシステムを完璧にした場合、迅速にキャッシュを支払わなければならないし、ポイント利用率が高くなってしまう。
そもそもシステム構築・運用体制構築にも時間がかかってしまう。

そこで、あえてポイント利用率を下げる=キャッシュアウトを減らすために、
システムも見た目だけにして、業務も優秀なテレフォンオペレーターを置いて如何に受け付けないかに工夫を凝らしたのでは、と。

そう考えると通常の企業より数段ビジネスとして優れたシステムに思えてきました。

社会的な意義がないと一般企業は潰されますが、
公共事業なので元々社会的な意義はあり、あとはいかに利益を上げるかに専念する。
うーん、頭のいい人の考えることはスゴイなぁ。

…と妄想でもしないと、とても納得できないシステムだったので。

続き → エコポイント申請して確認状が届くのが遅すぎる理由(2)家電量販店
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toronic

Author:toronic
IT関係で10年働いたのでそろそろ独立したいと考えているけどなかなか一歩が踏み出しきれないありきたりなプログラマ

カテゴリ
ブックマーク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
リンク
一攫千金?
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
    助成金
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。