FC2ブログ

スポンサーサイト

このエントリーのカテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融広告にみるマーケティング

このエントリーのカテゴリ : ITビジネス動向

金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)
(2005/05/17)
吉本 佳生

商品詳細を見る


図書館で借りた本ですが、マーケティングで気になることが書いてありました。

・金融広告で細則を記載するのは顧客セグメンテーションの手段
・騙されやすい人、リスクを理解して投資する人、騙されない人を見分ける
・騙されやすい人に高く売って、騙されない人に適正価格を提示する(紳士のフリしてアプローチしない)

特に外資系金融機関はうまいそうです。
金融広告をマーケティングの手段と捉えるか、販促費の残念な投資と捉えるかの違いですかね。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toronic

Author:toronic
IT関係で10年働いたのでそろそろ独立したいと考えているけどなかなか一歩が踏み出しきれないありきたりなプログラマ

カテゴリ
ブックマーク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
リンク
一攫千金?
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
    助成金
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。