FC2ブログ

スポンサーサイト

このエントリーのカテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイ割にみるクラウドを使ったビジネス

このエントリーのカテゴリ : Twitter

ツイ割」がちまたでちょっとした評判になっています。

twitterでハッシュタグ#twiwariをつけて店舗の割引情報をつぶやくと、それを収集してユーザが見つけれるようになるサービスのようです。
店舗がtwitterで店の写真やプロフィールがあればそのまま表示されるみたいで、店舗にとっては気軽さが受けるんでしょうね。

で、私は恥ずかしながらほとんどtwitter知らないんで、見てみたんですが携帯からも投稿できるんですね。
だとしたら店員さんは携帯電話で割引情報を流すだけでいい、というのはなんてラクなんでしょうか。

提供側のシステムもtwitterのAPIを使って流すだけでいいんで、巨大なデータベースとか不要だろうな、と思いつつ、まさにクラウドだな、と思いました。
でもtwitterで#twiwariをtweetすればtwitterで見れちゃうんじゃ?と気になりましたが、ツイ割のサイトでは店舗情報(店舗名、住所、地図)が出ていて、割引を受けるためのクーポンをgetするためにはtwitterのユーザIDとパスワードが必要なんですね。

なるほど、ここで個人情報を取得して店舗とひもづけるのか。
最小限の価値ある関連情報だけ蓄積して後はtwitterの情報を活用するとはすばらしいシステムですね。
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>なるほど、ここで個人情報を取得して店舗とひもづけるのか。

これはちょっと違うかとw
でもほんとにベタで三者負担の軽いサービスだと思いました^^

No title

マトムさん、コメントありがとうございます。

ツイ割は流行っていますが、どこで収入を得るのかが気になるところです。
確かにサイト側で取得できるのはtwitterのIDですよね。

ひとまずユーザを増やす段階なのですかね。
プロフィール

toronic

Author:toronic
IT関係で10年働いたのでそろそろ独立したいと考えているけどなかなか一歩が踏み出しきれないありきたりなプログラマ

カテゴリ
ブックマーク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
リンク
一攫千金?
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
    助成金
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。