FC2ブログ

スポンサーサイト

このエントリーのカテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凡人起業―「カリスマ経営者」は見習うな! (新潮新書)

このエントリーのカテゴリ : 読書

凡人起業―「カリスマ経営者」は見習うな! (新潮新書)凡人起業―「カリスマ経営者」は見習うな! (新潮新書)
(2009/06)
多田 正幸

商品詳細を見る


起業を考える上で現実的な示唆が書いてありました。
よくある起業本と違うポイントは以下2点です。

・理屈でできる事業では大資本が絶対的に有利

 儲かる理由が理論的に成り立つモデルなら、後で大資本が参入してくれば負ける。
 規制や特殊な参入障壁がないと小資本では勝てない。
 脱サラをする際に、リスクを考慮すると理論的にビジネスが成り立つか考えてしまう。
 成功する社長は理屈ではなく感覚で動くので「なぜ売れるかわからない」ビジネスなので大資本は参入しない。

・"経営力"より"起業力"

 マネジメントや経営数値の分析・管理は"経営力"。
 ただし、これらはビジネスが成り立ち、動いているときには有効だが、これからビジネスを立ち上げるには必須ではない。
 事業計画の書き方とか経営数値の分析の仕方など、起業セミナーでやっているが、ビジネスの立ち上げには使えない。
 企業に働いていマネジメント技術を磨いても起業できるかは別。

バランスが取れてサラリーマンとして活躍できている人は、理論で考えるから脱サラできない。
とりあえずできることとしては勉強だけど、得られるのはビジネスを作った後のノウハウだから起業に近づかない。

ごもっとも。。。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toronic

Author:toronic
IT関係で10年働いたのでそろそろ独立したいと考えているけどなかなか一歩が踏み出しきれないありきたりなプログラマ

カテゴリ
ブックマーク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
リンク
一攫千金?
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
    助成金
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。