FC2ブログ

スポンサーサイト

このエントリーのカテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「完璧を目指すより、まず終わらせろ」を見て思い出す教訓

このエントリーのカテゴリ : ITビジネス動向

完璧を目指すより、まず終わらせろDone is better than perfect)」

2012年2月1日にfacebookIPO申請した時に公開された、
facebookに関わる5つの数値とマークザッカーバーグが書類に添付した手紙の一文です。
共感をもった人もおおく、facebook上でもシェアされています。

でも、私には苦い教訓です。
というより、今は「完璧を目指すより、まず終わらせた」人たちの尻拭いをさせられています。

私もある大規模プロジェクトのリーダで、
サービス開始期間を優先させるため、顧客合意のもとある程度品質をあきらめてサービスインしました。
でも、ほんの少しのほころびが一定期間のサービス停止を招いてしまいました。

その障害は、起こった後で気づいてみると、「あー、そうだよね。ありえるよね」というレベルですが、
開発中に発見するには、まさに「完璧」にテストケースを網羅しなければ発見し得ないようなパターンでした。
その教訓を活かして、別のお客様との開発で同様のレベルのテストを実施すると、
「キチガイレベル」とお褒めの言葉をもらえるくらいです。

そして、今、「完璧を目指すより、まず終わらせろ」というスタイルで、
要件定義、基本設計、開発、テストを"終わらせて"きたシステム開発が火を噴いています。
(今度はヘルプで火消しをしているのですが)

1.要件定義→2.設計→3.開発→4.テストの各フェーズを8割で"終わらせた"場合、
0.8 x 0.8 x 0.8 x 0.8 ≒ 0.4
つまり、50%も"完成"していません。
自社サービスの場合、売上が40%になってもサービスインを早める必要性があることは大いにあると思いますが、
基幹系システムの場合、完成度が40%であれば最悪の場合は業務停止、つまり売上0%(さらに機会損失N%)となる危険性もあります。

さらに、要件定義などの前フェーズでの未決定事項・バグを完璧に消化するのではなく、
見た目上順調に進んでいることにしていくうちに、結局最初からやり直すくらいの再設計が必要になっています。

まず終わらせることで得られる成功もあれば、完璧を目指さないと得られない安心もあります。
ただ、自分の経験上、「完璧を目指さないと得られない安心」は、掛ける工数の割には感謝もされないため、
「まず終わらせる」ことで勝負できるような世界で生きていきたいと思う今日この頃です。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事記録
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

通りすがりの者です。失礼します。

まさに思っていたことを文章化して頂いていたので思わず書き込みしました。この言葉は業界によって当てはまる/はまらないが明確に分かれると思います。当たり前ですけど。。例えば金融、医療、物流などは完璧を目指さないと一気に色々な物事がふっとびますよね^^;

Re: No title

> 通りすがりの者です。失礼します。
>
> まさに思っていたことを文章化して頂いていたので思わず書き込みしました。この言葉は業界によって当てはまる/はまらないが明確に分かれると思います。当たり前ですけど。。例えば金融、医療、物流などは完璧を目指さないと一気に色々な物事がふっとびますよね^^;

コメントありがとうございます。
一握りの成功者、それも人と違うスタイルで昇りつめた人はすごいと思いますが、
完璧じゃないと成り立たない仕事も地味にすごいですよね。
プロジェクトXみたいに、チームで緻密な成功を取り上げる文化は大切にしたいと思います。
プロフィール

toronic

Author:toronic
IT関係で10年働いたのでそろそろ独立したいと考えているけどなかなか一歩が踏み出しきれないありきたりなプログラマ

カテゴリ
ブックマーク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
リンク
一攫千金?
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
    助成金
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。