FC2ブログ

スポンサーサイト

このエントリーのカテゴリ : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GAEでMapReduceを使おう!】GAEの料金体系が変わって動かない!

このエントリーのカテゴリ : 【GAEでMapReduceを使おう!】

GAE上で無料で電車遅延情報収集サービスを作って遊んでいましたが、
http://monitorequest.appspot.com/traininfo/
2011/11/7から突然エラーが発生して見れなくなってしましました。

ダッシュボードを見てみると「Datastore Read Operations」が無料分の100%を超えていて、
データが読み込めないようでした。

エラーログを見てみると、MapReduceの集計処理で
The API call datastore_v3.RunQuery() required more quota than is available.
が頻発しています。

ちょっと調べてみると、2011/11/7からGAEの料金体系が変わって無料分が大幅に削減されたようですね。
http://sourceforge.jp/forum/message.php?msg_id=60410
とかに載っています。
Hadoopで7万件程度のレコードを集約する処理なので、一発で無料分は終わりだな。

http://www.chrome-life.com/google-plus/2245/
に記載されていますが、GAE上を前提としたサービスを開始している事業者は痛手でしょうねぇ。
無料なのをいいことにサービス拡大して、いつのまにかGoogleにロックインされてしまって、
今回のように突然値上げされると出さざるを得なくなる。

まあそんなに高くなさそうなので問題ないかもしれませんが、
ビジネスをやるつもりでもなかった私とかはゼロだったのが10円でも必要になるんで考えるかなー。

ロックインの危険性を肌で感じられたのはいい経験かも。

とはいえ、なんとか対応しないといけないな。
うーん、どうしよ。
スポンサーサイト

テーマ : Google関連
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

toronic

Author:toronic
IT関係で10年働いたのでそろそろ独立したいと考えているけどなかなか一歩が踏み出しきれないありきたりなプログラマ

カテゴリ
ブックマーク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
リンク
一攫千金?
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
    助成金
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。